病院処方のアフターピルじゃないと避妊成功率が低下

心配している女性

性交渉する際、子どもを望まず、ただ快感を得たい、コミュニケーションの一貫としておきたい、という場合は避妊する必要があります。
しかし、どれだけ避妊する処置をしたとしても、完璧に避妊できるとは限らず、失敗してしまうことがあります。
そのときの対策としてオススメなのが、アフターピルを飲むことです。
アフターピルを飲むことで避妊するできる確率が上がり、24時間以内であれば約95%の成功率となっています。
遅くても72時間以内に飲むことが、避妊のために必要となります。
このアフターピルを飲まない場合は妊娠してしまい、望まない形で子どもを授かることになるので注意しなければなりません。

アフターピルを手に入れる方法は、病院に行き、事情を説明して処方してもらうことです。
これによって処方箋をもらうことができ、アフターピルを手に入れることができます。
緊急対応となるので、のんびりするのではなく、すぐに病院へ行くことがオススメです。
ただし、常用することを考えないようにしなければなりません。
吐き気や頭痛などの副作用が強く表れます。
だから、アフターピルは、すぐに手に入れて対象する以外に、もしものときのために常備しておくと良いです。
持っているだけでも安心して性交渉できるので、不安を取り除く緊急アイテムとして捉えておくと良いでしょう。

購入方法としては病院で処方してもらうのではなく、海外から輸入して手に入れる方法もありますが、日本で服用することが許されていないものもあるので、あまりオススメすることはできません。
また、病院よりもお金がかかってしまう可能性もあるので、病院へ行くことがオススメです。
飲まないという選択は妊娠を臨む場合のみなので、飲まなくても大丈夫だと考えることはやめましょう。