体のリズムを整えるピルには日付を記入しよう

笑顔の女性

生理周期が一定せず、生理不順になってしまっている人や生理の時に腹痛や腰痛がひどい人、出血量が多すぎる人など生理の悩みや辛さがある人に処方されることがあるピルは、服用している間ホルモン量を薬でコントロールして排卵をストップさせる薬です。
ホルモン量を薬でコントロールするため、一定の周期で生理が毎月おこり、腹痛や腰痛、吐き気などの生理痛の症状を軽減していく効果が期待できます。
子宮内膜症や月経困難症など生理痛の症状が重い場合や生理不順、生理前に頭痛や吐き気、いらいらや腹痛などで苦しいPMSなどの治療として用いられることが多く、近年保険適用になったことから、治療のために処方されることが多くなりました。
ピルは1週間ごとにホルモン量が異なる薬を21日間飲み続け、その後1週間休薬することが基本的な服用の仕方です。
ホルモンの量をしっかりコントロールすることができるため、体のリズムが整い生理不順を改善します。

また、定期的に同じように出血をおこすため、徐々に生理痛が軽減されていく効果を実感する人が多く、生理で悩んでいる女性にとって、快適に過ごすことができるようにサポートしてくれる薬ということができます。
ピルは生理が定期的にやってくるようになり、リズムが整うことで、生理の悩みを改善する薬なので、決まった日に決まった薬を必ず飲むことがとても大切です。
途中で飲み忘れてしまうと、ホルモン量をコントロールできなくなってしまい、次の生理が来るのを待って最初からピルの服用をやり直すことになります。
毎日決まった時間に、必ず飲むことがとても大切なので、朝食後や夕食後など、時間を決めることと、シートに日付を書き込むことをおすすめします。