アフターピルもマイルーラも自由診療になります

望まない妊娠を避けるために性行為後に服用するアフターピルも子宮に被せるマイルーラも自由診療になりますので保険は適用されず注意が必要です。
性行為時に避妊具を付けなかったり破れたりした場合に、妊娠のリスクを排除するために飲むアフターピルは女性ホルモンを急速に増幅させ、子宮内に入り込んだ精子が着床する前に強制的に生理を起こし体外に排出する効能があります。
マイルーラの場合は子宮に被せ、着床を防ぐのと同時に精子の動きを鈍化させる効能もある避妊薬です。
どちらの避妊約も望まない妊娠を防ぎたい女性にとっては頼りになる避妊薬ではありますが、自由診療のため保険が効きません。
購入にあたっては、医師に処方をしてもらう場合と通販サイトで購入する場合の二通りの購入方法があります。
性行為に失敗や、望まない性行為をした後の避妊には、医師に処方してもらいアフターピルを購入する形式が一般的でしょう。
事前に購入しておくのでしたら、通販サイトでの購入のほうが良いかもしれません。

どちらにしても事前に準備をしておく必要がありますから、医師に処方してもらうにしても通販サイトでの購入でも自分にとって都合の良い方法で購入してくおくのが良いでしょう。
マイルーラを子宮に入れておくことで高い精子の殺傷は可能になってきますが、一般的にマイルーラは持続時間が短いとも言われています。
自分なりに避妊が不安な場合には、アフターピルの併用をするのも良いでしょう。
ピルに対して抵抗のある女性もいますが、ただのホルモン剤であり、強制的に女性ホルモンの増幅を行い、生理を誘引する錠剤です。
副作用もなくむしろ月経周期も安定するという効能もあるほど、害の無い製品です。
避妊をする場合にマイルーラとアフターピルのどちらが良いかは自分なりに判断して購入をしておきましょう。