アフターピルのPMDDと性病への影響について

アフターピルを飲むとPMDDに効果があると言われます。
月経前に精神的に不安定になるPMDDをアフターピルを飲むことで改善することができるという症例は出ています。
アフターピルは性行為時に望まない妊娠を防ぐために、急激に女性ホルモンの増幅を行い子宮に入り込んだ精子の着床を防ぐのが目的で服用する避妊薬です。
医師の処方がなくても通販等で気軽に購入をすることができますので、若い女性を中心にアフターピルの利用は急速に認知されています。
良く誤解されるのが、アフターピルは妊娠だけではなく、性病も防げると思っている女性がいることです。
アフターピルは女性ホルモンの急速な増幅を行いますが、性病の予防や治療には使えません。

性病は、皮膚の接触や粘膜からの感染になってきますので、妊娠を防ぐためのアフターピルで対処のできるものではありません。
性病だと感じるようでしたら、迷わずクリニックに行くように心がけましょう。
女性にとって合うfターピルは、自分の身を守るためには大切な常備薬になっています。
避妊具をつけずに、思わぬ性行為をしてしまった場合に、緊急処置としてのアフターピルは、女性にとっては頼りになる薬です。
急速に女性ホルモンを増幅させ、子宮に入り込んだ精子の着床を防ぎ、体外に排出する効果のある避妊薬ですので、生理に似た症状は出てくるのですが、それ以外は特に副作用もありません。
服用後は生理周期が安定化してもいきますので、PMDDのような症状も改善していく可能性もあります。
性行為の後に、妊娠の危険を感じるようでしたら、24時間以内に服用することで、確実に望まない妊娠を防いでいくことが可能になります。
自分の身を守る女性のための常備薬です。